大阪で債務整理・相続問題に詳しいことで評判の弁護士・司法書士事務所が相談者様の力となります

お問い合わせはこちら
事前にご連絡頂ければ時間外でも対応いたします。

債務整理

債務整理

債務整理なら家藤法律事務所にお任せください

大阪市浪速区で債務整理にお悩みでしたら家藤法律事務所にご相談ください。
債務整理の実績豊富な弁護士・司法書士の資格を持つ専門家「家藤 卓也(いえふじ たくや)」が相談者様一人ひとりへやさしく寄り添い対応いたします。

債務整理には、「任意整理」・「個人再生」・「自己破産」の3つの方法が存在します。それぞれにメリットやデメリットがあり、依頼者がどの手続きを選択すべきか、丁寧に検討いたします。

自分の状況に適した債務整理の方法を選択するためには、まず自身の現在の債務(借金)の状況や債務額を把握することが大切です。自分が抱えている債務の総額と毎月の返済額を考慮したうえで、現実的にこれからも返済できるのであれば、「任意整理」などを選択すれば良いでしょう。一方、現実的に返済できないと思われる場合は「個人再生」「自己破産」などを選択することになります。

しかし、債務の中には返済しなくてもよいものがあるかもしれません。
それが「過払い金」です。

かつて消費者金融などは利息制限法の上限利率を超える利息を取っていました。しかし、最高裁判例や法改正により「グレーゾーン金利」とされた部分については過払い金として債務者に返還しなければならなくなりました。

ただし、過払い金の返還請求は、債務の完済から10年以内に行わなければならないため、早めに手続きを踏む必要性があります。

債務整理を検討する際は、住居費や食費、光熱費など、毎月の支出と収入を比較し、生活していくことが可能かどうか考えましょう。借金でお悩みの方の中には、自分の生活よりも借金返済を重視してしまい、体に不調をきたす方もいらっしゃいます。

借金問題を解決し、新たな人生のスタートを切るためにも、まずは専門家にご相談ください。

家藤法律事務所は、大阪市浪速区・西区・中央区を中心に、皆さまからのご相談を承っております。
債務整理でお悩みの際は、当事務所までご相談ください。
実績豊富なプロフェッショナルが、皆様のお悩みを解決いたします。

債務整理とは?

債務整理について

債務整理とは、法の力によって借金の免除・減額をする手続きを指します。手続きには、「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3種類があります。これらのうち、どの方法が適しているのかは、その人の状況次第で異なります。

減額幅の大きさは「任意整理<個人再生<自己破産」です。最も減額幅が大きいのは自己破産で、最も小さいのが任意整理です。それならば、誰もが自己破産を選ぶように思うでしょう。しかし、減額幅が大きいほどデメリットも大きいので、必ずしも自己破産が良いとは限りません。メリットとデメリットを比べて、ご自身にとって最適な方法を選ぶことが大切です。

債務整理のメリット・デメリット

3つの債務整理で、共通しているメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

借金が減る、もしくは無くなります。これまで借金に苦しめられてきた方にとって、このメリットは大きなものといえるでしょう。また、借金の催促がこなくなります。債務整理を弁護士に頼んだ場合、弁護士は債権者に対して受任通知と呼ばれる通知を送ります。この通知を受け取った債権者は、借金の催促をすることが法的にできなくなるのです。催促がこなくなることで、落ち着いて過ごせるようになるのも債務整理のメリットといえます。

デメリット

債務整理を行った結果、ブラックリストに載ります。厳密にいえばブラックリストといった名称のリストは存在しません。信用情報のなかの事故情報と呼ばれる部分を、通称ブラックリストと呼んでいるのです。このリストに載った場合、お金を借りることはできなくなります。

債務整理するとどうなる?

債務整理を行った場合、結果として以下のようなことが起きます。

クレジットカードやローンが利用できない

ブラックリストに載った結果、それらを利用することができなくなります。ある程度の期間が過ぎれば(約5~10年)、ブラックリストが解除され再び利用可能です。

保証人になることができない

保証人になるには、審査をクリアしなければなりません。しかし、債務整理を行った方は審査を通ることができなくなります。

財産が処分される

預金や車、家財などの財産が処分されることもあります。処分されるかどうかは、どのような方法で債務整理を行ったかで異なります。

債務整理の費用相場はどのくらい?

債務整理の費用相場について

債務整理を行う場合、費用がかかってしまいます。費用の内訳としては、裁判所費用と弁護士・司法書士へ支払う報酬の2つです。どの方法で債務整理を行うかによって、かかる費用には差が生じます。

任意整理の費用相場 10万円
個人再生の費用相場 50万円
自己破産の費用相場 100万円

※実際にかかる費用は人それぞれ異なります。

個人再生と自己破産は裁判所費用がかかりますが、任意整理は裁判所費用がかかりません。そのため、他2つに比べると、やや安めの費用相場となります。

弁護士・司法書士に債務整理を依頼した場合の費用

弁護士に債務整理を依頼した場合の費用相場

任意整理の費用相場 5万円+成功報酬
個人再生の費用相場 40万円
自己破産の費用相場 40万円

司法書士に債務整理を依頼した場合の費用相場

任意整理の費用相場 3万円+成功報酬
個人再生の費用相場 30万円
自己破産の費用相場 30万円

弁護士や司法書士に債務整理を依頼した際にかかる費用は、依頼先の事務所によって異なります。上記で挙げた金額はあくまで目安です。依頼をする際は、まず見積もりをして見比べることをおすすめいたします。

債務整理の費用が払えないときはどうしたらいい?

債務整理にかかる費用は、決して安いものではありませんので、支払いに不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。費用をすぐには準備できない場合は、以下のような方法を利用することで支払えます。

分割払い

法律事務所の多くは、分割払いに対応しています。分割払いの支払い回数は、法律事務所ごとに異なりますので、相談時に確認しておくと安心です。任意整理と個人再生を選択した場合、借金の金額は減りますが無くなりません。借金と法律事務所への支払いの2つが生じることになるため、計画的な返済を心がける必要があります。

法テラスの利用

法テラスとは、国が設立した日本司法支援センターのことです。利用費用が安いだけでなく、費用の立替・分割払いに対応しています。しかし、立替を利用するための条件が設けられているので、誰でも利用できるものではありません。法テラスの立替を利用したい方は、条件に該当するかどうかも確認しておきましょう。

債権者の支払いを一時的にストップ

弁護士もしくは認定司法書士が、受任通知を債権者に送った場合、借金の催促・返済を止めることができます。止められる期間は、債務整理の手続きが完了するまでです。催促・返済を止めている間に、債務整理の手続きにかかる費用の支払い準備をすることができます。

任意整理と自己破産の違いについて

任意整理と自己破産の違いについて

任意整理と自己破産は、どちらも債務整理の一種ですが、いくつか違いがあります。

任意整理 自己破産
裁判所の利用 裁判所の利用裁判所を利用せず債権者と直接交渉する 裁判所を利用する
財産の処分 処分しなくていい かなりの財産を失う可能性がある
返済 手続きを行った後も返済は続く 返済が不要になる
対象の借金 整理したい借金を選べる 整理する借金を選べない
職業の制限 なし 一部職業の制限がある
※士業、警備員などの一部職業は数カ月ほど仕事ができなくなる
借金の減額 利息が減る。ただし、元本は減らない。 全額免除となる
手続きにかかる手間 比較的簡単にできる 手間がかなりかかる

任意整理と自己破産のメリット・デメリット

任意整理のメリット・デメリット

メリット 任意整理をすることで、利息が減るため、毎月の支払いが楽になります。負担が軽くなった分、お金をその他のことに回せるのは嬉しいメリットでしょう。
また、財産が処分されないため、車や家もこれまで通りです。財産が減って困る、といった事態にならないので、その点は任意整理ならではの良さといえるでしょう。
デメリット 任意整理は、毎月の支払いが減りますが、借金そのものがなくなるわけではありません。最後まで返済をし続けることができない方は、任意整理を利用できないでしょう。
また、交渉がスムーズにいかない可能性があるのもデメリットです。任意整理は、債権者と直接交渉するため、相手によっては交渉を渋られることもあります。

自己破産のメリット・デメリット

メリット 借金の返済をしなくても良いのが、自己破産における一番大きな利点といえるでしょう。借金があまりにも大きすぎる場合、返済そのものが難しいことも多いです。自己破産を行えば、その負担から解放されます。
デメリット 借金の保証人がいる場合、その方に迷惑をかけることになります。なぜならば、自己破産を行った結果、請求が保証人にいくためです。保証人がいる場合は、自己破産の前に伝えておくとよいでしょう。

債務整理しても住宅ローンは組める?

債務整理したら住宅ローンは組めない

債務整理を行って借金の問題が解決したら、住宅ローンを組んで家を手に入れたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。結論から申し上げると、債務整理後に住宅ローンを組むのは難しいです。

債務整理を行った場合、ブラックリストに載ります。その状態では、住宅ローンを含めたあらゆるローンの利用はできません。しかし、一生ローンが組めなくなるわけではありませんので、ご安心ください。ブラックリストは、ある程度の期間が過ぎれば解除されます。つまり、一定期間経過すれば、住宅ローンを組める可能性があります。

債務整理後、いつから住宅ローンが組める?

債務整理後に載ってしまったブラックリストは、いつ頃情報が失われるのでしょうか?債務整理の方法・信用情報機関ごとに期間は異なりますが、一般的に約5~10年ほどで消去されます。

日本における信用情報機関は、3つあります。それぞれの機関ごとにブラックリストの登録期間を見ていきましょう。

信用情報機関 ブラックリストの登録期間
CIC 5年
JICC 5年
KSC 5~10年

※あくまで目安です。この期間が当てはまらないケースもあります。

債務整理後に住宅ローンを組む際の注意点

債務整理後に住宅ローンを組むのであれば、以下の点に注意しましょう。

別の金融機関を利用する

債務整理を行った金融機関に、住宅ローンを申し込むのはおすすめしません。ブラックリストから情報が消えていても、一度リストに載った事実があると、審査が通りにくくなります。別の金融機関に申し込んだほうが無難です。

情報が消去されているかを調べる

ブラックリストに情報が残っているままだと、住宅ローンの申請が通りません。信用情報機関にあらかじめ信用情報の開示請求を行い、まだ情報が残っているか確認しておきましょう。

債務整理のよくある質問

債務整理の手続きは自分でもできますか?
債務整理は専門家に依頼せず、自分で行うことも可能です。しかし、内容によっては複雑な法律問題を含んでいたり、裁判所や貸金業者と何度もやり取りをしなければならないため、手間と時間がかかります。特に任意整理の場合、いかに有利な交渉を行うかが重要になるため、債務整理の手続きは専門家に依頼するのが賢明です。
債務整理をすると生命保険に加入できなくなりますか?
債務整理を行っても、生命保険に加入することは可能です。なぜなら、生命保険会社が契約を行う際、信用情報機関を参照することはないためです。
住宅を手放さずに債務整理する方法はありますか?
借入先の中に住宅ローンが含まれている場合、自己破産をしてしまうと原則として住宅も手放さなくてはいけません。住宅を手放さずに債務整理したいというのであれば、「民事再生」か「任意整理」のどちらかを選択します。借金が高額のため大幅に減額した上で分割払いしたいという場合には「民事再生」、長期分割により全額の返済が可能であれば「任意整理」を選ぶなど、最適な方法をご提案いたします。

任意整理のよくある質問

学生やアルバイトでも任意整理はできますか?
継続的かつ安定的な収入があり、今後も和解した金額どおり借金を返済していけるのであれば、学生やアルバイトの場合であっても任意整理できます。
保証人に何か影響はありますか?
保証人がいる場合、任意整理すると保証人に返済の義務が生じます。そのため、事前に保証人に説明して任意整理を行うか、保証人を設定している借金を任意整理の対象から外すなどの対策を行うことをおすすめいたします。
和解どおりに返済ができないとどうなりますか?
病気による退職など、やむを得ない事情で和解どおりに返済できない場合、相手に返済の猶予をお願いしたり、再度任意整理をしたりすることも可能です。
また、継続して返済ができないようであれば「自己破産」や「民事再生」の手続きを検討することになるため、まずは弁護士に相談しましょう。
任意整理にはどのくらいの費用がかかりますか?
任意整理にかかる費用は、事務所によって異なります。基本的には着手金、基本報酬、減額報酬、過払金報酬などがあるため、事前に手続きを依頼する事務所に問い合わせることをおすすめいたします。

債務整理(任意整理)と自己破産のそれぞれのメリット

債務整理(任意整理)のメリット

任意整理の最大のメリットは、返済期間中の利息を免除できる点です。交渉次第ですでに発生した利息についても免除される場合もあるため、返済の負担を減らすことができるでしょう。

また、裁判所を介さずに手続きを進めることができるため、家族や勤務先に知られることはありません。交渉の対象とする債権者を選べることから、ローン支払い中の家や車を手元に残したり、保証人に迷惑がかからないようにしたりすることも可能です。

自己破産のメリット

自己破産のメリットとして、借金が帳消しになるというものがあります。免除される金額に上限はなく、自己破産をすればどれだけ高額な借金があっても支払い義務は免除されます。自己破産をしても生活必需品や99万円以下の現金、預貯金20万円以下、時価20万円以下のものは手元に残るため、自己破産後は気持ちを新たにリスタートすることも可能です。

しかし、浪費やギャンブルといった正当でない理由で抱えた借金の場合など、自己破産が認められないケースもあります。また、税金や養育費、罰金などは自己破産によって免除されることはありませんので、ご注意ください。

債務整理のご相談なら家藤法律事務所

債務整理を行いたい場合、法律の知識が必要となるでしょう。しかし、法律を扱う専門家は数多くいるため、どこに依頼すべきか悩む方は多いです。債務整理について相談したいのであれば、債務整理に詳しく実績の豊富な法律家に依頼するのがポイントとなります。

大阪市浪速区で債務整理にお悩みでしたら、初回相談料無料の家藤法律事務所にご相談ください。家藤法律事務所は、債務整理の実績が1,000件を超えています。豊富な経験と知識を兼ね備えた弁護士が、柔軟かつ的確にサポートできるのが強みです。

法律事務所と聞くと、一般の方が相談しにくい場所だと思う方もいらっしゃいます。当事務所は、どなたでも気軽にご相談いただける雰囲気づくりにこだわっていますのでご安心ください。法律の専門用語は使わずに、お悩みに対しての対応方法についてご説明いたします。

債務整理に悩んでいると、大きな不安を抱くものです。私たちは、ご相談者様に寄り添い、なるべく不安に感じないような手厚いサポートを心がけています。土日、祝日、夜間も対応していますので、平日の利用が難しい方もご相談可能です。事務所は難波駅から徒歩数分の場所にあります。アクセスしやすい事務所ですので、いつでも気軽にお越しいただけます。土日・祝日の相談をご希望の際は、事前にご連絡ください。皆様のご利用を心よりお待ちしております。

大阪で債務整理の相談なら家藤法律事務所

事務所名 家藤法律事務所
代表 家藤 卓也(いえふじ たくや)
住所 〒556-0016 大阪府大阪市浪速区元町1丁目5−7 ナンバプラザビル 10階
電話番号 06-6556-7312
FAX番号 06-6556-7314
営業時間 9:00 〜 21:00(日祝除く)
時間外対応可(※前日までにご予約いただければ日・祝日も対応します。)
定休日 日曜、祝日(※前日までにご予約いただければ対応します。)
取扱業務 【相続】遺産分割、相続登記、遺産分割協議書作成、遺言書作成、遺留分減殺請求、各種相続手続
【債務整理】自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求
【離婚】離婚調停、離婚協議書作成、財産分与、損害賠償(慰謝料)請求、養育費、親権
【悪徳商法】訪問販売、架空請求、マルチ商法、ネットワークビジネス、ワンクリック詐欺
【債権回収】貸金返還請求、各種損害賠償請求、売掛金回収
【刑事事件】
上記以外にも不動産登記、商業登記など幅広い法律問題に対応しておりますので、お気軽にご相談ください。
URL https://iefuji.com/

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。