住宅ローン返済に困り債務整理のご相談なら家藤法律事務所までお問い合わせください

お問い合わせはこちら
事前にご連絡頂ければ時間外でも対応いたします。

住宅ローン返済に困った際の債務整理方法について

債務整理を検討するきっかけが、住宅ローンの返済が難しくなったためという方は少なくありません。住宅ローンの場合、一般的な債務整理方法「任意整理」「個人再生」「自己破産」のほか様々な方法が考えられます。まずは、売却可否やローン残高、住宅ローン以外の債務を確認して、最適な方法を弁護士と一緒に検討してみましょう。

住宅ローンの返済に困ったとき チェックポイント

今後の生活を維持していくために債務整理が必要な場合、様々な方法が考えられます。事前にいくつか確認事項をチェックしておくと、最適な方法を見つけやすくなります。

確認事項 住宅に住み続けるか?

投資ではなく家族の住まいとして不動産を購入している場合、その家に住み続けるかどうかで債務整理の方法が異なります。

確認事項 引越しは可能か?

例えば、子どもの進学・受験上の理由で現在のエリアにお住まいの場合、子どもの環境を変えたくないということも考えられます。また、子どもの周囲の交友関係に売却を知られたくない、ということも少なくありません。

確認事項 住宅ローンの残高は?

返すべき金額がどのくらい残っているか、も債務整理方法を左右する要素の1つです。

確認事項 現時点で住宅にどのくらいの価値があるか?

住宅を売却した場合、どのくらい相殺できるか確認しておくと返済計画を具体的に修正しやすくなります。

確認事項 住宅ローン以外の債務は?

車やカードローンなど住宅ローン以外の債務がある場合、債務整理の方法が変わります。あるとしたら残高はいくらなのかまでチェックしておきましょう。

現在の家に住み続ける場合の債務整理方法

まずは銀行へ相談・協議

住宅ローンの返済が難しい場合、まずはローンの返済計画を返済可能なプランにする方法を考えてみましょう。銀行と相談・協議の上、スケジュールにゆとりを持たせる・返済額を見直すなどの方法があります。

個人再生を検討

個人再生は債務整理方法の1つです。裁判所に認めてもらうことで住宅ローンを除いた借金の減額ができます。3年以内に残った額を完済できることが条件です。

例えば、月々のローン返済額が住宅ローン10万円と車のローン5万円で返済額の上限が12万円だったとします。この場合、車のローンについては月々の返済額が2万円以内であれば返済が可能ということです。債務整理方法のなかでもっとも他人にバレにくく、給料の差し押さえや債務整理後に職業を制限されないことがメリットです。

ただし、デメリットももちろんあります。
銀行などの信用情報に個人再生の履歴が残るため、一定期間クレジットカード・ローンを組むことができません。また、官報に掲載される・裁判所での手続きが必要なので比較的時間・費用がかかる点も注意が必要です。また、住宅ローンの返済残高より住宅の資産価値のほうが上の場合はできません。

現在の住宅を手放す場合の債務整理方法

住宅を売却

住宅の資産価値がローン残高よりも高いのであれば、住宅を売却しその売却益で住宅ローンを清算する方法がシンプルです。ただし、不動産会社に仲介・買取を依頼することになります。仲介の場合は仲介手数料が発生します。また、住宅を売却してもローン残高が残ってしまう場合、銀行が売却を認めない場合があります。住宅ローンの返済を延滞してしまうと任意売却・競売となってしまうこともあるので注意が必要です。不動産会社によっては売却後に賃貸物件として住み続ける「リースバック」を利用できる場合もあります。できるだけ引越しを避けたい場合には検討してみてもいいでしょう。

自己破産

自己破産とは裁判所に借金返済が不可能なことを申し立てる方法です。認められると住宅ローンを含めてほとんどの債務をリセットできます。しかし、債務整理後の生活が制限されるなどのデメリットも大きいです。自己破産は最後の最後にどうしても、という段階で検討すべき債務整理方法といえるでしょう。住宅ローンについての詳細は下記も確認してみてください。

住宅ローンを滞納し続けた結果競売に至るまでの流れ

住宅ローンの滞納が続くと、最終的に住宅が競売にかけられます。下記では、滞納から競売に至るまでの流れをお伝えします。

1.住宅ローンの滞納

ローンの支払いが数カ月ほど滞ると、督促状・通知書などが送られてきます。

2.一括請求

「いついつまでに支払いをしないと、一括請求になります」といった内容の書面が届きます。

3.代位弁済

保証会社の代位弁済によって、保証会社に債権が移ります。

4.競売

競売は、滞納から6ヶ月ほどでかけられることが多いです。

弁護士に相談をするといった対策もせずに滞納を放置すると、このような流れで競売にかけられる可能性があります。住宅ローンの支払いが厳しく感じた場合は、家藤法律事務所にご相談ください。借金問題(債務整理・自己破産・個人再生)の場合、初回相談料無料で対応しています。費用を気にせずにご相談いただけますので、お気軽にお問い合わせください。

難波の駅近法律事務所で借金問題の解決相談 家藤法律事務所

「住宅ローンの返済が苦しい」
「債務整理をして生活を立て直したい」

そのようなお困りごとをお持ちの方は大阪・難波の家藤法律事務所にご相談ください。

家藤法律事務所は借金問題に特化した法律事務所です。相続・離婚問題の解決もお手伝いしています。相続・離婚は借金問題と深くかかわっていることも少なくありません。例えば、相続した不動産の住宅ローンが残っている・離婚後の住宅ローン支払いなどについてもまとめてご相談いただけます。

土日夜間対応可能で大阪梅田駅近く、なんば駅32番出口徒歩3分とご相談いただきやすくなっています。初回無料相談もご利用いただけますので「こんなことを相談していいのか?」ということでもお気軽にご相談ください。

大阪で住宅ローンの債務整理についての相談は家藤法律事務所へ

事務所名 家藤法律事務所
代表 家藤 卓也(いえふじ たくや)
住所 〒556-0016 大阪府大阪市浪速区元町1丁目5−7 ナンバプラザビル 10階
電話番号 06-6556-7312
FAX番号 06-6556-7314
営業時間 9:00 〜 21:00(日祝除く)
時間外対応可(※前日までにご予約いただければ日・祝日も対応します。)
定休日 日曜、祝日(※前日までにご予約いただければ対応します。)
取扱業務 【相続】遺産分割、相続登記、遺産分割協議書作成、遺言書作成、遺留分減殺請求、各種相続手続
【債務整理】自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求
【離婚】離婚調停、離婚協議書作成、財産分与、損害賠償(慰謝料)請求、養育費、親権
【悪徳商法】訪問販売、架空請求、マルチ商法、ネットワークビジネス、ワンクリック詐欺
【債権回収】貸金返還請求、各種損害賠償請求、売掛金回収
【刑事事件】
上記以外にも不動産登記、商業登記など幅広い法律問題に対応しておりますので、お気軽にご相談ください。
URL https://iefuji.com/

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。